記憶を共有できる贈り物

思い出を贈り物に

贈り物に絵本を選ぶとき

絵本には、子どもの頃から誰もが親しんできたでしょう。大人になってからも読んでみると新しい発見や感動があります。小さな芸術作品ですね。贈り物にする時は、自分が小さい頃読んで気に入っているもの、印象に残っているものを選ぶのがおすすめです。可愛らしいキャラクターが出てくるお話、ドキドキするお話、笑えるお話、ちょっと泣けるお話など内容もさまざまです。初めて読むお話よりも、よく知っているものの方が安心して贈れますよね。贈り物用と言えば、本屋さんでもリボンやシールなどできれいにラッピングしてもらえます。受け取った方は心が温まり、きっと贈った方の思いが伝わることでしょう。

贈り物を選ぶとき、相手がどんな好みかということはまず考えますよね。食べ物や洋服、バッグにアクセサリーなどなど、相手が喜んでくれる顔を思って選ぶのは楽しいものです。ちょっと目先を変えて、絵本というのもいいですね。誰もが小さい頃から触れて育ってきたものですから馴染み深いですし、もらうと嬉しいものですよね。自分が小さい頃読んで気に入っているものは、さらに気持ちが伝わりやすいのではないでしょうか。可愛いキャラクターが出てきたり、ドキドキするストーリーだったり、カラフルな世界だったりと特徴もさまざまです。思いのこもった心温まる贈り物を受け取って、きっと笑顔になってもらえるでしょう。